協会たより

2013年10月23日 水曜日

巻頭言(第12号 2013年3月)

神奈川県小児保健協会
会 長   後藤 彰子
 



〜発達障害児の対応4年目を迎えて〜

少子化をはじめ、子育てを取り巻く環境は決して明るくない。小児保健学会、小児科医会が小児保健法の制定、予防注射の無料化のチラシや署名活動を開始した。少しでも行政を動かす原動力になればと願っている。
 神奈川小児保健協会は発達障害に取り組んで4年目となる。 榊原洋一先生の3回の講演をもとに、現場でのパイロット事業を開始し、2年目となる。 
地域での研修会は、相模原が担当し、やはり発達障害が取り上げられた。
指導者研修会は、3年間の取り組みの成果としてシンポジウム形式とした。入場者を断る程の盛況であった。発達障害に関わる多職種からの発表があった。臨床心理士の 上原芳枝氏の司会と講演から彼女は就学に向けた縦の連携の大切さを強調した。「三歳から四年生まで」の一貫支援である。そして他児との違いで選別するのでなく、特性に合った普通の子育て支援になって欲しいという。この事業はさらに2〜3年継続して行政に提言としてまとめたいと思う。
 第320回小児科学会神奈川地方会で、当協会が「周産期からの虐待予防」という主題でシンポジウムを主催した。この道に造詣の深い高知の澤田先生に特別講演をお願いした。
 最後に当協会の事務局長として永年ご尽力いただいた、神奈川県立こども医療センター母子保健局長の赤城邦彦先生が3月で退職される。当協会の活動には何時も真摯に向き合って頂き頼りにさせて頂いた。ほんとうにありがとうございました。

投稿者 神奈川県小児保健協会